Is it hard to screening process!?個人事業主は審査に通りにくいのか!?

昭和・平成・令和と時代が進むに連れて、個人事業主のように個人でビジネス展開をしている方々が増えていっています。
しかし、個人で仕事をしている人間は物件を借りる時の審査が厳しく、通りづらくもあります。
では、どんな職業が通りづらいのか、審査を通りやすくする為にはどうすれば良いのかをご紹介致します。

記事の目次

  1. 審査が通りにくい職業がある?
  2. 審査を通りやすくするには

審査が通りにくい職業がある?

水商売

貸主にとって住人トラブルは避けたい問題。そのため昼夜逆転の生活スタイルの夜のお仕事は夜中に足音がしたりなどの騒音トラブルになってしまう可能性があります。
また、お給料が会社員のように固定給ではなく場合なので不安定です。
そのような面から、家賃の支払いが滞らないか、貸主から厳しい目で見られがちです。

エンジニアやフリーランスのライター

フリーランスはある程度世間からは認識されていますが、安定性がないお仕事のため貸主から嫌煙されがちです。
しかし、手としては収入証明など、契約しているクライアント先があるならばそこにお願いしましょう。

YouTuber

YouTuberは現在子供のなりたい職業上位の職業ですが、審査が通る方は大変少ないでしょう。
特に個人でYouTubeをしていると厳しい目で見られます。問題点としては50代以降に認められていない節があるためですが、事務所に入ったりなど工夫して対応してみましょう。

審査を通りやすくするには

不動産に行くときには愛想よく、入居審査で一番最初に見られる身なりや第一印象を良くしましょう。
その他には、記入書類も気を抜かずしっかりと。また、連帯保証人には遠すぎる関係は多少審査に響きますので身近な親族にお願いしましょう。

夜職の方でお部屋探しにでお困りな方や不安な方は夜職賃貸にご相談ください!
夜職賃貸では、豊富な実績をもとに夜職の方でも契約できるよう物件をご紹介します!

お問い合わせはこちら

Contact

なんでもお気軽にご相談ください。
スタッフが丁寧にサポートいたします!

TEL

営業時間:10:00~20:00〈年中無休〉 06-6214-0247

電話でお問い合わせ

LINEお問い合わせ

24時間対応!LINEお問い合わせ

LINEお問い合わせ